HOME > 脂質 > パルミトオレイン酸

パルミトオレイン酸

パルミトオレイン酸はマカデミアナッツオイルに多く含まれているオレイン酸の一種です。脳内の血管に入り込み、血管を丈夫にする働きがあります。また、酸化しにくく、過酸化脂質ができにくいため、加熱調理にも向いています。

パルミトオレイン酸を多く含む食品… マカデミアナッツオイル、うなぎ、ぶり

炭素数16のcis-9-モノ不飽和脂肪酸である。C15H29CO2H、IUPAC組織名(Z)-hexadec-9-enoic acid。分子量254.42、融点5 ℃。CAS登録番号373-49-9。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「脂質」内の記事一覧