HOME > その他の栄養成分 > β−クリプトキサンチン

β−クリプトキサンチン

β−クリプトキサンチンは柑橘類に多く含まれるカロチノイドの一種で、黄色い色素です。強い抗がん作用をもっており、がんの抑制に効果があります。。
柑橘類のなかでもβ−クリプトキサンチン含有量がとくに多い温州みかんの場合、1日2個摂ることでがんの予防になります。

β−クリプトキサンチンを多く含む食品… 温州みかん

カロテノイド (carotenoid) は天然に存在する色素で、化学式 C40H56 の基本構造を持つ化合物の誘導体をいい、カロチノイドともいう。テルペノイドの一種で、テトラテルペンに分類される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「その他の栄養成分」内の記事一覧